男性マガジン | CQで男目線を鍛える!! > ハリウッドスター

更新情報

2015年04月20日

【ワイルドスピード7】スカイミッションが公開中! ポール・ウォーカー見納めの最終章!!


ワイルドスピード スカイミッションが公開されましたが、もう観られた方も多いのでは?

この作品を最後に、ポール・ウォーカーは卒業します!

エンディングがとても印象的でしたが、とても心に響く作品でした。(特にエンディングシーンは)

【出演者】
ブライアン・オコナー役
ポール・ウォーカー

ドミニク・トレット役
ヴィン・ディーゼル

レティ・オルティス役
ミシェル・ロドリゲス (バイオハザード出演など)

ルーク・ホブス役
ドゥエイン・ジョンソン (プロレスラー:ザ・ロック)

ローマン・ピアース役
タイリース・ギブソン

デッカード・ショウ役
ジェイソン・ステイサム (トランスポーター主演など)

ショーン・ボスウェル役
ルーカス・ブラック (ワイルドスピードX3主演)

ミスター・ノーバディ役
カート・ラッセル (元祖アクションスター)


main_img01.png


main_img01.png


main_img01.png


main_img01.png

参考画像:ワイルドスピード オフィシャルより



             


ライフスタイル情報
posted by CQ at 11:51 | Comment(0) | ハリウッドスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年08月14日

オスカー俳優!ロビン・ウィリアムズさんの追悼を込めて!

2014年8月12日!米俳優ロビン・ウィリアムズ(Robin Williams)さんが、自宅で亡くなっているのが発見された。
その突然の死に、世界中に驚きと動揺が広がっている。

ウィリアムズさんといえば、アカデミー助演男優賞を受賞した「グッド・ウィル・ハンティング 旅立ち」(1997年)をはじめ数多くの映画に出演、また、TVのコメディー番組で活躍するなど、コメディアンとしても人気を博した。

ロビン・ウィリアムズ.jpg

しかし、華やかなキャリアの反面、実生活では麻薬や鬱病に苦しんでいたという。

ここでは、そんな彼が生前に残した言葉に注目したい。そこからは、人を楽しませることを極めたウィリアムズさんならではの、機知に富んだ人生観が見え隠れする。きっとあなたの人生においても、ひとつの指針となるはずだ。

孤独でいることは悪くない
「以前、孤独は人生で最も不幸なことだと思ってた。でも本当に不幸なのは、孤独だと思わせるような人々に囲まれた人生なんだ」

自分を許せるようになろう

「本当に心優しい人は、自分を許せない。だから、自分を本当に辛い状況に追い込んでしまうんだよ」

狂っていてもいいじゃないか!
「誰しも少しぐらいは狂気の要素を持っている。むしろ、それを失くさないほうが良いと思うんだ」

競争相手を見極めよう
「何かを競う際、大事なのは相手だ。競争しても意味がない相手と競っても、時間の無駄だ」

武器を持ち出したら、話し合いはできない
「アメリカの憲法は『兵器』(arms)を使って良いと言ってるだけで、『大砲』(artillery)を使っていいなんて言ってない」

男女の関係はとても現実的なもの

「うん、離婚ね・・・。ラテン時代には、男性の性器をむしり取ることを意味してたらしいよ(笑)」

絶対に努力を怠るな!

「誰がなんて言おうと、洗練された言葉やアイデアは世界を変える」

常に良い人と過ごそう

「最高の人と過ごすことで、新しい発見があり、前へ進むことができるんだ」

ゲイでもストレートでも、結婚は結婚だ

「ゲイやレズの結婚を取り沙汰するのは構わないが、結婚した人はみな『性別なんて関係ない」って言っているよ」

不幸を知らなければ、幸せにはなれない
「誰にでも不幸な時はある。でも、その時間があるからこそ、今まで見えていなかった幸福が見えてくるんだ」

世界のリーダーは女性であるべき
「核兵器は『世界をぶっつぶしてやる』という男性的な考えが生み出したものだ。女性は決して原爆なんて作らない。女性が作る兵器は人を殺すものではなく、痛みや苦しみがしばらくの間だけ続くものだ。だから、世界には女性のリーダーが必要になる。そうしたら戦争なんて絶対に起きない。信じられないって? 本当だよ」

音楽は生きるために必要不可欠だ!

「音楽が何か知っているかい? 人間が世界の全てじゃないってことを忘れないように、神様が残したものだ。音楽は、地球上のすべての生き物、すべての場所、さらに宇宙との調和を生み出すんだ」

一人で完璧な人間はいない

「彼女もあなたも完璧じゃない。問題は、あなた達が一緒にいて完璧かどうかなんだ」

誰の存在にも、意味がある
「僕は運命を信じてる。僕が僕であるのには、絶対に理由があるんだ。絶対に!」



死を“次の人生”と考える

「死ぬっていうのは、天国から『あなたを迎える用意ができましたよ』って言われることに過ぎない」


CQ
Top photo by tvgroove.com


             


ライフスタイル情報
posted by CQ at 13:14 | Comment(0) | ハリウッドスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年05月20日

アンジェリーナ・ジョリーが女優業を引退!

僕の好きなハリウッド女優が、ついに引退表明をしました! 
素敵な女優さんだけに惜しまれますが、これからの第二の活躍に期待したいものです。

アンジェリーナ・ジョリー.jpg


以下、詳細です。

女優アンジェリーナ・ジョリーが女優業から引退する意向を示した。Mirror Onlineが報じた。

 アンジェリーナは現地時間9日、主演映画『マレフィセント』のイベントに共演のエル・ファニングと出席。そこでアンジーは「わたしは今後、監督業に専念したいと思っています。そのために女優業を引退することにしました」と発言した。

 「わたしは演技が好きです。でも、わたしは監督として、ヘアメイクやメイクなしのジーンズ姿で撮影現場に行く方が“家族”の一員になれた気がして、好きなのです」とアンジェリーナ。女優としてはあと1、2本の映画に出演する予定だと明かしており、その後、監督に専念するものとみられる。

 アンジェリーナのパートナーである俳優のブラッド・ピットも、当時47歳だった2011年に「50歳になったら俳優を引退する」と発言。昨年12月に50歳を迎えた後もブラッドは俳優として活動しているため、ブラッドよりも先にアンジェリーナが俳優業から退くことになる可能性も出てきた。

 現在38歳のアンジェリーナは1990年代前半に女優デビュー。1999年の映画『17歳のカルテ』の演技でアカデミー賞助演女優賞を獲得し、以後はハリウッドのトップスターとして多くの作品に出演している。2011年には『最愛の大地』で監督としてデビュー。先日には2005年の『Mr.&Mrs. スミス』以来、約10年ぶりにブラッドと新作映画で共演するかもしれないと報じられ、大きな話題になった。父親はアカデミー賞俳優ジョン・ヴォイド



参考記事
Yahoo記事より


             


ライフスタイル情報
posted by CQ at 21:32 | Comment(0) | ハリウッドスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年01月05日

ポール・ウォーカー事故死の真実

若くしてこの世を去った、ポール・ウォーカーさんですが、その後の検証結果が報告されました。

詳細はこちらです↓↓↓

691a04dea4fefa61bb8106ed8725ada1_view.jpg

大ヒット映画『ワイルド・スピード』シリーズで人気を博し、さらなる活躍を期待されていた俳優ポール・ウォーカー。しかしポールは昨年11月30日に友人がハンドルを握るポルシェに乗り込み、事故死した。そのポールの最終検視報告の内容が明らかになり、遺族や映画関係者、そして世界中のファンが大変な衝撃を受けている。

すでに事故による怪我、それに続いた車両炎上による火傷が原因で他界したと言われているポール・ウォーカー(享年40)だが、最終検視報告により最期の様子が明らかになった。

報告書によると、事故発生時にポルシェは時速約161キロで走行していたとのこと。それが何らかの理由でスピンし、木と街灯柱に衝突、直後に炎上したという。事故発生直前にポールは衝突に備え身構えていたとみられているが、それでも怪我はひどく、顎、鎖骨、肋骨、片腕、骨盤が折れていた。また直後の車両炎上で大火傷を負ったため、移植に提供できる状態の臓器はなにひとつなかったそうだ。

さらにポールの気管には煤煙が残っていたことから、衝突の直後は生きて呼吸をしていたと判明。しかしポールやハンドルを握っていた友人もほぼ即死に近い状態であった。ちなみに2人の体からはアルコールやドラッグは検出されなかった。

素晴らしい俳優の死を多くのファンが嘆く中、ポールが出演中だった『ワイルド・スピード』シリーズの最新作公開を目指し制作会社も動いている。ポールの演じていたキャラクターについては、“死亡”ではなく“仕事を辞めた”といった設定になる可能性が高いという。


参考
ポール・ウォーカーの死にヴィン・ディーゼル号泣。ポール母に慰められる。


             


ライフスタイル情報
posted by CQ at 10:17 | Comment(0) | ハリウッドスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2013年12月18日

やっぱりポール・ウォーカーはすごかった!

米Forbes誌が2013年に最も世界興行収入の高かった俳優を発表し、ドウェイン・ジョンソンが選ばれた。

photo1.JPG

 42歳のドウェインは今年に入ってから映画『ワイルド・スピード EURO MISSION』『G.I.ジョー バック2リベンジ』『オーバードライヴ』『ペイン・アンド・ゲイン(原題) / Pain & Gain』の4本が公開されており、全ての興行収入を合わせると計13億ドル(約1,300億円)になるとのこと。(1ドル100円計算)

 2位のロバート・ダウニー・Jrは、今年公開された唯一の主演映画『アイアンマン3』だけで12億ドル(約1,200億円)の興行収入を記録しランクイン。3位は映画『怪盗グルーのミニオン危機一発』でグルーの声を演じたスティーヴ・カレルで、興行収入は複数の作品を合わせて9億6,400万ドル(約964億円)だった。

 先月自動車事故で亡くなったポール・ウォーカーさんは、『ワイルド・スピード EURO MISSION』の興行収入を中心として7億8,900万ドル(約789億円)で6位にランクインしている。

2013年の世界興行収入の高かった俳優のトップ10は以下の通り。(BANG Media International)

1. ドウェイン・ジョンソン 13億ドル(約1,300億円)
2. ロバート・ダウニー・Jr 12億ドル(約1,200億円)
3. スティーヴ・カレル 9億6,400万ドル(約964億円)
4. ヴィン・ディーゼル 8億8,700万ドル(約887億円)
5. サンドラ・ブロック 8億6,200万ドル(約862億円)
6. ポール・ウォーカー 7億8,900万ドル(約789億円)
7. ビリー・クリスタル 7億4,300万ドル(約743億円)
7.ジョン・グッドマン 7億4,300万ドル(約743億円)
9.クリス・ヘムズワース 7億100万ドル(約701億円)
10. ジェニファー・ローレンス 7億ドル(約700億円)




参考元
ドウェイン・ジョンソン主演映画『オーバードライヴ』写真ギャラリー
ドウェイン・ジョンソン緊急手術 WWEの試合のケガが原因
ブルース・ウィリスに続くハゲメンスターは?ヴィン・ディーゼル&ジェイソン・ス…




             


ライフスタイル情報
posted by CQ at 20:37 | Comment(0) | ハリウッドスター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。